わたしのこと

長い旅

2016年も残り2週間を切りました。

これを読んでくださっているみなさんにとり、今年はどんな1年だったでしょう。年齢を重ねると1年があっという間に感じられるようになるのは、脳が退屈しているからだという説があります。同じ事ばかりの繰り返しの生活だと脳は退屈します。変化に富み、学ぶ事や工夫して対処しなくてはならない事だらけの日々だと、長く感じられるそうです。

 

私自身は2014 年の10月から長い旅を続けてきたような気がしています。

 

2014年10月末で大阪堂島の特許法律事務所を辞め、2015年1月に単身渡米して生理学・解剖学・ロルフィングの基礎を学び、3月に一時帰国。フェイズ2に進学するため7月に渡米しトレーニングを積み、10月に帰国。前夫と別居し東京へ実質的な出戻り。

 

2016年1月に最後のフェイズ3に進むために3回目の渡米&トレーニング。地元のボランティアクライアントふたりを受け持ち、ソープノートの記入とプレゼンに明け暮れる日々でした。しかもクライアントのうち一人が身内の看病のため、10シリーズセッションを途中リタイアするというアクシデント付き。シリーズもののセッションの途中からクライアント役となってもらうにはいくつもの条件があったために、学校にあらかじめ登録してくれているボランティアクライアントには該当者がいないという有様でした。

日本だったら「学校がなんとかしてくれて当然」と思うところですが、そんな理屈はアメリカでは通用しません(苦笑) 私は自力で新たなクライアントを現地で探すことになっちゃいました。幸い、ボルダーにはフェイズ1、フェイズ2でのクラスメートが数名滞在していたので、片端から連絡してクライアント役になってもらえないか打診し、フェイズ2を一緒にうけたクラスメートが快諾してくれて、スムーズにセッション再開。全3期にわたる課程を修了することができました。

 

私は渡米するまで英会話などしたこともなかったので、お店で「To go? For here? テイクアウト?それともここで食べるの?」と訊かれても最初は全く聞き取れず、へ?は?な有様。一緒に行動してくれたT子さんには実にご迷惑をおかけしました(汗

T子さんを始め、現地でお世話になった日本人の方々や、ネットを介して雑談をしてくださった在米日本人の方々のおかげで、心細い思いもせずに過ごすことができました。

Snowy morning.  It looked like a snow cake!  Boulder, CO. Feb. 2016.
大雪の降った日の朝。丸いテーブルに雪が積もりケーキみたいになってました。

 

バスの回数券の自販機にいれた20ドル札が戻ってこずに大騒ぎしたり(返金請求書を書いて無事に返金してもらえました)、お店で食べきれず持ち帰ろうとしていた食事をホームレスのおっちゃんにあげることになったり、乗ったバスではマリファナで楽しくなってしまった人が大はしゃぎしていたり(コロラド州ではマリファナは一定の条件下においてのみ、合法です。ただしこれもコロラド州に住んでいる人のみが対象。他州の人、もちろん留学生や旅行者は対象外です。)

ダウンタウンでは何人もの人から気さくに話しかけられ、ロルフィングの学校にいっていますと言えば大抵は通じる環境に感動したり、レジでの雑談が慣れるまでは恐怖だったり、お部屋を貸してくださっていた方がいろんな場所・イベントへ私をひっぱり出してくれたり、年代、人種、文化的背景の異なる人たちと接することの面白さやたいへんさを味わいました。

 

2014年までは家と職場を往復するばかりで、限られた相手と会話をし、毎日がルーチンワークのみで成り立っているような生活を送っていました。それが、いきなり異国の知らない人たちばかりの中に飛び込んでゆき、これまで専門的に学んだことすらなかったことを英語で学んで、人前で発表したり、クラスメートやインストラクター、学校の事務方、クライアントとのコミュニケーションに明け暮れる毎日にがらりと変わり、この2年間は実に濃密な時間を過ごしてきました。 

2016年も終わりかけている今、長い旅がようやく一つの収束を迎えつつある気がしています。

何か気になることがあるとそれを追求せねば気が済まない性分なので、今回もひとりで探求の度に出ていたわけですが、「得たこと・知ったこと・学んだことを持ち帰る場所とはどこか」を考えたことがありませんでした。アウトプットが大事だという感覚は私とは無縁で、自分がどこまでゆけるか・どこまで開拓できるかだけが重要だったと言ってもいいぐらいです。

ですが、人の体に触れその人の生活の質そのものに関わってゆくロルフィングを仕事として選んだ今、アウトプットこそ最も大切であると、意識の方向がぐりんと大きく弧を描いて変わりました。

次は、人との繋がりの中へ回帰してゆく事が私のテーマになります。

 Sunset in a puddle.  Boulder, CO.  Feb. 2016

 自分はどうなりたいのか。自分がこれからとりくむテーマは何か。

書いてみるとちょっとこっぱずかしいようなことではありますが… 自分を追い込むためにも書き出しておきました。皆様も是非!

 

*ロルフィングってなんだ?な方はこちらをクリック。
*お問合せ、ご予約はこちらのバナーをクリックしてください。

* 

【無料】5日完結ステップメール
5分でわかる!人生が変わるロルフィング・CTA画像

当方のお客様の8割が40代以上の女性です。整体ジプシー、マッサージ依存症、やたら疲れやすい、痛みや凝りと10年以上つきあっている、このまま衰えたくない…身体のバージョンアップでのりこえましょう!