ココロとカラダ

パーソナルトレーナー選び

認定ロルファー™の利香です。

クライアントでもある旧友からのいただきもの。

 

トレーナー、インストラクターと呼ばれる人から
マンツーマンで指導を受けるという体験を初めてして、
幾つかの気づきがありました。
今日はそれについて書いてみます。

 

誰に頼むのか

トレーナーを探している人や
一対一での指導を希望する人にとって、
これは重要な問題ですよね。
よく「人柄重視」といいますが

むしろ人柄が8割です。

90分とか120分とかをみっちり一緒に過ごし
その人の「指導」を受けるのですから

全幅の信頼を置ける相手の言葉のほうが
すっと心に入ってくるし

質問や疑問なども率直に尋ねられます。

実のあるコミュニケーションが相互に
できるかどうかは、非常に重要です。

 

では残り2割はなにかというと

女性トレーナーがいいとか
うんちくを話さない人がいいとか
こういう症状にも対処できる人がいい(ノウハウや経験)とか

そういう個別の「条件」です。

わたし自身は体にチャレンジがあるので
トレーナー、インストラクターに求める条件として
「股関節形成不全の症状にも慣れている」
というものだけは外せません。
これが安心感に繋がるからです。

でも、蓋をあけてみたら
事前に考えていた条件どおりの人ではなくても
なにも問題なかったな!となる事も多いので

条件は優先順位をつけて
優先順位の低いものはゆるめにする方が
トレーナー候補をみつけやすくなると思います。

 

 

とにかく会う

馬には乗ってみろ、人には添ってみろというように
実際にお会いして決めるのがいちばん確実です。

会って話してみて

期待以上の結果を一緒に目指せそうな人かな?
安心して自分の体を委ねられそうな相手かな?等々を
直感に従って判断するのがおすすめです。

 

と、書きながら
これはボディワーカー選び全般に
当てはまるね!と気づいて
苦笑いしてしまいました。

ロルファー選びも同じですね。

体験セッションはぜひ活用してください!

 

*お問合せ、ご予約はこちらのバナーをクリックしてください。

* 

 

【無料】5日完結ステップメール
5分でわかる!人生が変わるロルフィング・CTA画像

当方のお客様の8割が40代以上の女性です。整体ジプシー、マッサージ依存症、やたら疲れやすい、痛みや凝りと10年以上つきあっている、このまま衰えたくない…身体のバージョンアップでのりこえましょう!