わたしのこと

タイミングは自分で作るもの

なんでロルファーになったの?とよく訊かれます。

司書や法律事務というデスクワーク従事者だったのに、
学生時代の海外留学経験もないのに、
ボディワーカーでもなければヨギー(ヨガをする人)でもないのに
まして海外旅行にすらほとんど行ったことがないのに
40歳過ぎで突然アメリカに留学してロルフィングを学んでロルファーになった
という経緯は、やっぱりちょっと唐突みたいです(苦笑)

私の行動はよく脈絡がないとか唐突だとか言われますけど
やりたいことはやりたいタイミングでやるからこそ意味があるんです。

西原理恵子さんの漫画の中に
「今したいクソをがまんせぇ言われるようなもんや」
という言葉がありますが(お食事中の方、すみません!)
まさにそれ。

いつか機会がきたら
いつか時間ができたら
いつか



そう言って、今やりたいことを先送りにしておいて、
最終的にやったためしがありますか?

ないですよね〜

やらない言い訳を考えてしまう=ほんとうにはやりたいわけじゃない、という考え方もありますけど、タイミングは自分で作るものなんですよね。
ちょっとでもやりたいなぁと感じたら、アンテナを立てたり人に話しまくったりしていると、不思議なもんで情報は入ってきます。あとはそこに乗っかるだけ。

跳んじゃえよ!と自分の背中をドンッと押せるかどうか。

私の場合は、ロルファーになりたいと思った時に
「今なら親はまだ健康で介護は不要。子どももいない。私は40代になったばかり。外国で生活することに苦もなく適応できるギリギリの年齢。今しかない。」
そう考えて飛び出していったわけです。

それほど強く「ロルファーになりたい」と思ったのにはわけがあります。

それについては、これから追って書いてゆきます。

*お知らせ*
モニタークライアント募集は、残り2枠、4月17日まででお申込み受付を終了します。
検討なさっている方はどうぞこの機会にえいやっと跳んでみてください。
モニター募集についてはこちらのリンクをクリック

【無料】5日完結ステップメール
5分でわかる!人生が変わるロルフィング・CTA画像

当方のお客様の8割が40代以上の女性です。整体ジプシー、マッサージ依存症、やたら疲れやすい、痛みや凝りと10年以上つきあっている、このまま衰えたくない…身体のバージョンアップでのりこえましょう!