日々のこと

トラウマは絶対に治さなくてもかまわない

認定ロルファー™の利香です。

頭をかかえる若い女性
深刻なPTSDをひきおこすようなトラウマは別として、トラウマは躍起になって完治させようとしなくたっていいとわたしは考えています。
 
トラウマそのものよりも、トラウマを便利な言い訳としてしがみつく今の思考の方が問題です。
 
 
「わたしにはこんなトラウマ体験があるから◯◯できない」
「わたしにはこんなトラウマがあるから絶対に◯◯はいや」
 
 
そんな言い訳に都合よくつかわれる「トラウマ」の真偽は横においといて… 結局、トラウマを与えた誰かのせいにして被害者でい続けたいから、トラウマを手放したくないのでしょう。

 
なくて七癖といわれるように、思考パターンや感情の反応パターン、人間関係のパターンを誰しも持っています。それはあっても構いません。だけど望まないパターンを繰り返すのを本気でやめたいなら、トラウマのせいにして「あたし悪くないもん」で話を片付けようとするのをまずやめることです。わたしたちは誰でも「今までのことはさておき、ここからは違う選択をする」という、最強のツールを持っています。
 
気がついたらやめて修正をかける。シンプルですがこれが最強の対処法です。また同じパターンに陥りそうになったら、おっとあぶねぇ!と自分で気がついて修正する、別な行動をする、別な選択肢を選ぶ。
 
華々しくありません。とても地味な作業です。しかも誰も代わりにやってくれません。自分でやるしかありません。お母さんやお父さん、先生がそばにいて「はい、こっちですよ〜」って優しくガイドしてくれるようなものではないのです。

最初に「うわ。わたしこれ、都合のいい言い訳につかってたわ」と気がつくために他力を使うのはありだし、メンターの教えに従ってみるのもあり。とはいえ、最終的には単独飛行ができるようになりたいですよね?いつまでもテストフライト、仮免状態では他力本願な人生です。自分の人生を生きているとは言い難い。

今までのことはさておき、今日からは違う選択をする。この積み重ねが確固たる自信に結びつき、なりたい自分となるための背中をしっかりと押してくれます。

そのきっかけにロルフィングがなれたら嬉しいです。

⭐️ご予約はこちら。

【無料】5日完結ステップメール
5分でわかる!人生が変わるロルフィング・CTA画像

当方のお客様の8割が40代以上の女性です。整体ジプシー、マッサージ依存症、やたら疲れやすい、痛みや凝りと10年以上つきあっている、このまま衰えたくない…身体のバージョンアップでのりこえましょう!