股関節形成不全

体重管理はなぜ大事?

認定ロルファー™の利香です。

 

大抵の日本人は
アメリカで生活すると太ると
思われている節がありますが
わたしは痩せました。

わたしが留学したのは
コロラド州ボルダーという、
「全米でもっとも健康的な街」と言われる高地で、
健康オタクの住むところだったというのもありますが、

 

キューバサンドとか
バーガーとか
フレンチフライとか
美味しく食べておりましたけど痩せました。

 

留学を機に米食やパスタをすっぱりと止め、
砂糖と醤油、みりんで煮た野菜や肉料理を止め、
有機野菜と豆をメインに
全粒粉のパンを少しと、
七面鳥や鶏胸肉を食べるように
食生活を切り替えたからだと思います。

 

ー体重増加は関節に悪影響

痩せてわかったのは「太っていると
それだけで腰痛によくない」という
身も蓋もない事実でした( ;´Д`)

 

勘違いしてはならないのですが
最近の日本人女性は
ほとんどの人が痩せています。

特に若い女性は痩せすぎです。

これはアパレル業界、
ファッション業界、マスメディアに
大きな罪があると思っていますが

その話は今日のテーマとは離れるのでさておき、

 

体重は腰から下の関節:
腰椎、仙腸関節、股関節、膝関節、足首に
ダイレクトな負荷として作用します。

 

階段を降りる時には体重の4倍の負荷が、
走っている時には体重の10倍の負荷が
股関節にかかると言われています。

だから股関節や膝関節が痛む人は
体重管理がとても大切になります。

 

股関節や膝関節が痛い人が
体重を落とすには
食事制限ぐらいしか手段がなく

それは高齢になればなるほど
骨粗鬆症や
栄養不良による体調不良を招くからです。

 

今、すでに腰から下の関節が痛む人は
毎日体重計にのって
自分の状態を知るところから
管理を始めるのをオススメします。

 

*お問合せ、ご予約はこちらから。

* 

 

【無料】5日完結ステップメール
5分でわかる!人生が変わるロルフィング・CTA画像

当方のお客様の8割が40代以上の女性です。整体ジプシー、マッサージ依存症、やたら疲れやすい、痛みや凝りと10年以上つきあっている、このまま衰えたくない…身体のバージョンアップでのりこえましょう!