起業サポート

キラキラ起業女子はお嫌い?

認定ロルファー™の利香です。

 ブログだけをコツコツ読んでくださっている読者の方には、あまり馴染みがない単語かもしれませんが、この数年、「キラキラ起業女子」とか「SNS起業女子」とか呼ばれる人たちがFacebookにはたくさん跋扈していました。着飾っては国内外のホテルで贅沢している様子を頻繁に投稿する個人事業主の女性たちのことですね。そんな豪華なところにそんな格好ででかけているからには、さぞお金を稼いでいるのでしょうなぁ〜という印象を与えて、「ああ、この人は起業して成功しているんだな」と思わせる。そういう手法です。
 最近、そういう派手派手しい投稿はあまりみかけなくなりましたし、一時期頻繁に投稿していた人たちがそういえばすっかり鳴りを潜めていたり、アカウントそのものがなくなっていたりします。「ほれみたことか」と嘲笑したくなる気持ちもわかりますが、わたしの考えは逆です。
 
 いいじゃん。やってみたかったんでしょ?
 
 わたしが「キラキラ起業女子」に対して抱く気持ちは、これ以上でも以下でもありません。流行にのったり、綺麗な格好をしておいしいものを食べたり、ちょっといい気になって羽目を外してみたり、自分を過剰に演出してみたり、したかったらすればいいと思うんですよね。たとえ虚偽だったとしても。だってやってみたいんですからね。我慢しなくちゃいけない義理はありません。

 それに、起業したい!と思って彼女たちは実際にやってみたわけです。そのこと自体は素晴らしいと、わたしは心の底から思っています。
 やってみた結果、自分には合わなかったりうまくゆかなくて諦めたりしたっていい。やってみなければわからないことです。こういうトライアンドエラーの繰り返しで、生き方や働き方の軌道修正や目的地修正を重ねるのは、悪いことではありませんし、むしろそれでしか学べないこともたくさんあります。
 トライアンドエラーを嘲笑したり一度の失敗を目にしただけで批判したりする風潮の方が、怖いですよね。次のチャンスを認めないってことになりますから。そんなの窮屈です。

 起業を夢見ながらも、だって自分はキラキラ起業女子じゃないし〜とか、Facebookなんてもうオワコンだし〜とか言って、やりたいことをやりもせず、他人を妬んで叩いて溜飲を下げている暇があったら、一回でも挑戦してみたらいいのです。やってみて「違うな」と思ったらやり方を変えるか、他人の力を借りるか、その事業はやめるか。いろいろ選択肢はあります。
 挑戦に対しては冷笑ではなく寛容を。そんな社会であってほしいですね。

 ロルフィング®のかたわら、起業初期や、週末起業や副業でお金を稼いでみたい方のために、働き方の軌道修正や目的地設定のお手伝いもしています。ご相談はお気軽にどうぞ。

起業サポート 起業準備中から起業初期の方が知っておくべきこと 起業に関して不安が募っている。 自己流に限界を感じる。 準備を進める中でプ...

 

【無料】5日完結ステップメール
5分でわかる!人生が変わるロルフィング・CTA画像

当方のお客様の8割が40代以上の女性です。整体ジプシー、マッサージ依存症、やたら疲れやすい、痛みや凝りと10年以上つきあっている、このまま衰えたくない…身体のバージョンアップでのりこえましょう!